お白髪染めでも色味を楽しみたい方のヘアカラー。明るいピンクブラウンに!【CARE KOBE】

こんにちは。

CARE KOBEスタイリストの宮崎です。

お客様のお悩みでも多いのが【白髪】です。

年齢や遺伝によって増えてくる白髪。

白髪が生えてくると、

  • 明るくできない
  • 好きな髪色にならない
  • すぐに染め直さないといけない

そんな悩みを持つ方が多いです。

今日はお白髪があっても髪色を明るく楽しめるカラーリングをご紹介していきます。

白髪が増えたせいで、カラーリングを楽しめないと思っている方にも読んでいただき、もっとおしゃれできるんだ、綺麗になれるんだっていうことを感じていただきたいです。♡

スポンサードリンク

before

今回のベースは1ヶ月前にダブルカラーという、ブリーチなどを使い一度髪を明るくしてから色を入れる染め方をしている髪の毛です。

(ブリーチとは、髪の毛の色素を抜く脱色剤です。通常のカラー剤にも脱色剤は入っていますが、それよりも威力が強く、色素を抜くのに特化しているため髪色を明るくすることができます。色を抜く作用しかないため基本2回カラーリングする必要があります。)

 

塗っていきます♪

今回は艶のあるピンクブラウンカラーに染めていきます。

今回は、根本のお薬1種類・毛先のお薬2種類と、合計3種類の薬剤を塗り分けてカラーリングをしていきます。

after

   

透明感があり、柔らかいピンクブラウンカラーに染まりました。♡

根元も白髪が浮くことなく馴染んで染まっていることがわかりますか?

今回はある程度明るさを残したいカラーリングだったので、根元部分もお白髪染めの薬剤は使わずにカラーリングしています。  

まとめ

「白髪を染める」と言ってもいろんなやり方があります。

白髪に色が入るようにブラウンの濃い白髪染め専用のカラー剤を使う。

 →しっかり染める。暗めトーンの場合に効果的。

今回のように黒い毛の部分を明るくすることで白髪との違いが目立ちにくいようにする。

 →なじませる。明るめのトーンの場合に効果的。

(明るめの色をご希望の場合だと、白髪をしっかり染めてしまうのではなく、白髪以外の部分の髪の毛を明るくしてしまってなじませて目立たなくしていく染め方もできるので、そうすると今回のように透明感あり、白髪も目立たないカラーリングが可能となります!)

むしろ黒髪だと馴染みにくい場合でも白髪率が高いと根元部分はブリーチを使わなくても明るく透明感のある色にすることができます。

(注:髪質によります。毛先はブリーチが必要です。)

歳を重ねるごとに、肌もくすみやすくなるので、白髪染めをする方こそ明るい髪色は似合います♡

これからのカラーリングは、年齢や白髪を気にせずになりたいイメージを形にしていく方が増えていって欲しいなと思います。

気になることは宮崎までご相談ください☆


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする